スポンサーサイト

(--)

Posted in スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Comments

By HEIDI(Tue)URL

あれ もうおしまい? 写真集とかにしてみたいね~ 三股あたりの景色にも似てるよね~(^-^)/

これは

By ちば竹(Tue)URL

屋久島シリーズの最後に
大きくなる写真、ありがとうございます。

これは大きくすると圧倒的な存在感!
枝についた苔も、この木有ってこそなんでしょうね?
とても大きな包容力を感じます。

必死なんですね。

By ろっきー(Wed)URL

どしっと構えた大きな木も、足元をみるとその巨体を支えるため、必死に根をはっているんだって感じました。

木々の種は発芽したい場所を選べない、生れ落ちた場所で、ただ多くの光を浴びる為に大きくなろうと、余計な事は考えずに千年という時を越えて頑張っている・・・う~ん、自分はどうだろう?
頭がさがります。

ステキな屋久島シリーズありがとうございました。おかげで通勤途中に見えるケヤキの木も、なんだか楽しみになる、今日この頃です。

By かわず(Wed)URL

・・・・HEIDIさん・・・・

こんにちは♪
いつも遊びに来て下さり、ありがとうございますe-247

写真集。私もチラリ考えていました。旅の思い出にって。
アスカネットか、Photobackか。もしかしたら作るかも、です^^

三股☆
まめうち平の辺りとか、苔のある倒木にゴゼンタチバナやイワカガミなんかが生えていますよね。
どこか似ているかもv-352
今年もまた蝶へは上がるので、改めて周りの自然を見てみたいと思います(^0^)/

By かわず(Wed)URL

・・・・ちば竹さん・・・・

こんにちは♪
屋久島シリーズ。お付き合い頂き、ありがとうございましたe-247
(旅は屋久島だけじゃなくて、倉敷や宮崎、岐阜にも滞在したのですが...帰ってみれば、屋久島の写真だらけでした。笑)

とても存在感のある森でした。
森全体だけじゃなくて、木の一本一本をとってみてもe-420
この木も同じく。
大量の水がくれば流されてしまうような渓のそばで、岩に根を張り、大きく大きく枝を広げ。
いつの日かその樹齢が1000年を越え、様々な命の母となり、屋久杉になってゆくのでしょうか。

濃密で、命の巡りがありのまま見られる素敵な森v-352
今度は別の季節に訪れたいと思います。
...屋久島を経ってからは、一気にマイナス12℃の世界へ!
気温差25℃。同じ国内なのに、激しかったです^^;

By かわず(Wed)URL

・・・・ろっきーさん・・・・

こんにちは♪
屋久島シリーズ。こちらこそ長々とお付き合い頂き、ありがとうございましたe-247

何百年も生きているだろうこの木。
その始まりは、きっと下の岩の上だったのでしょう。
近道なんてしないで、一歩ずつ確実に進んで生きて、今があって。
ほんと考えさせられますね。
いかに楽をするか...なんて考えてちゃいけない!?^^;

数日前、大好きな八ヶ岳山麓の原生林へ足を伸ばしましたが、屋久島の木々とちょっと重ねてみたり、また別の空気を感じたりしました。
それぞれの森が持つ空気ってあるのでしょうね☆
雪に覆われた苔むした木はとても綺麗でe-420
屋久島に行ってから、ますます森が好きになりました(*^ ^*)

By FSK-JP(Wed)URL

履歴から参りましたFSKと申します。こんにちわ^^
屋久島シリーズ、大変興味深く拝見させていただきました!! 一度は、いや二回くらいは行ってみたいと思っているんですが、なかなかチャンスが無くて未踏の地なんですよね。数々のお写真を拝見して、更に行きたくなりましたよ♪ ありがとうございます^^
おじゃましました~

By こもれび(Wed)URL

今回で終わりですか?
膿が出てこないところは、かわずさんらしい視点というか関心の向きだなと感じます。

1年ぐらいで高いビルを建ててしまう人間って、ほんとにいいのかなと考えてみたり。

By かわず(Thu)URL

・・・・FSK-JPさん・・・・

こんにちは^^
以前にも遊びに来ていただいていましたよね?
コメント、ありがとうございますv-22

屋久島。
同じ日本とは言え、本州からだと遠いですよね~。
行くぞ!と思い切らないと行けない距離。

そして、そうして行くだけの魅力ある島でしたv-352
実際に、肌で心で屋久島の自然を感じてみて下さい(^^)

私もまだほんの一部しか触れていないので、また訪れたいと思っています!

By かわず(Thu)URL

・・・・こもれびさん・・・・

こんにちは。
いつも遊びに来て下さり、ありがとうございますv-22

はい。屋久島シリーズは、これで終わりです^^
私が載せていないもう一方の現実。
それは、こもれびさんが屋久島を訪れた時、実際に感じてみてください。
短期間でどこまで感じれるかは…その人次第だとは思いますが。。

>1年ぐらいで高いビルを建ててしまう人間…
何千年もかけて大きく育った屋久杉に比べ、中身は薄く、脆いのでしょうね。
実際そのビルは百年ももたないでしょうし。。

自然から離れ、そんな中で暮らしていたら、自然の中に住んでいたかつての人と比べ、人の心はどうなってゆくのでしょう。

そうは思っていても、便利な方へと流れてしまいがちなのですが・・・

Leave a comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。